STEP2 二段目を揃える

STEP1で揃えた完全一面を下にして持ちます。 今回揃えるべきキューブは、二段目の角キューブ4つです。
これらのキューブを一つ一つ揃えていきます。

二段目を揃える手順

まず、上面を適当に回転させて、下のいずれかの状態にします。 (どちらの状態にもならない場合については、下で解説しています。)

パターン1

簡単六面完成法二段目左パターン 手順: 青橙青'橙'青'緑'青緑
回し方
  1. 1.2段目手順スクショ1
  2. 2.2段目手順スクショ2
  3. 3.2段目手順スクショ3
  4. 4.2段目手順スクショ4
  5. 5.2段目手順スクショ5
  6. 6.2段目手順スクショ6
  7. 7.2段目手順スクショ7
  8. 8.2段目手順スクショ8
  9. 9.2段目手順スクショ9

パターン2

簡単六面完成法二段目右パターン 手順: 青'緑'青緑青橙青'橙'
回し方
  1. 1.2段目手順スクショ1
  2. 2.2段目手順スクショ2
  3. 3.2段目手順スクショ3
  4. 4.2段目手順スクショ4
  5. 5.2段目手順スクショ5
  6. 6.2段目手順スクショ6
  7. 7.2段目手順スクショ7
  8. 8.2段目手順スクショ8
  9. 9.2段目手順スクショ9

手順の読み方を説明します。各色の文字は、その面をその面から見た時計回りに回すことを意味します。 例えば「青」は、青面からみて時計回りに90度回転させます。
色文字の後に「'」のマークがある場合は、その前の色の面を反時計周りに回します。 例えば、「橙'」は橙色の面を、その面から見て半時計回りに90度回転させることを意味します。
色が異なる場合は、適宜読み替えてください。 (わかりにくい場合は、「Cube Solver」を使って、手順を確認してみてください。)

手順を覚えるコツ

気づかれたかもしれませんが、実はこの2つの手順は左右対称な手順です。 そのため、2つの手順を別々に覚えるのではなく、キューブの動きを見ながら理屈で覚えると、覚えるべき手順は実質一つで済みます。
今後もこのような左右対称のパターンの組が出てきますが、 その際も同様に、1パターンとして覚える工夫をしましょう!

二段目を揃える際の例外的な状態

上のいずれの状態にもあてはまらない場合があります。
例)簡単六面完成法二段目例外パターン
揃えるべきキューブが2段目内にある状態です。

こうなってしまった場合は、そのまま上の手順1, 2のどちらか(どっちでもいい)を適用してください。 そうすると、上記のいずれかの状態に持っていく行くことが可能です。 ここで再度、上記の手順を適用すれば、揃えられますね!
理屈としては、関係のないキューブを二段目の目的位置に移動させることで、そこにあるキューブを上面に追いやというイメージです!

この手順を二段目の4箇所すべてに適用すると、二段目が揃います。
STEP2完成形
簡単六面完成法二段目完成形
だいぶ揃ってきましたね!